小杉家資料の記憶と記録 その2

昨年、小杉辰三が創設に関わった神戸製鋼所の操業時の資料を、神戸製鋼所ヘ譲渡した。
神戸製鋼所は先の大戦と時の空襲により史料は灰燼に帰しているので、今後あらたな社史を編纂するときに役に立つはずだ。

小杉辰三は慶応4年戊辰に、仙台藩烏組隊長・細谷十太夫の三男に生まれた。
           細谷十太夫800px-Hosoya_Naohide.jpg
戊辰戦争のおり、榎本艦隊が仙台に滞在しているときに、細谷十太夫と開陽丸機関長の小杉雅之進とが知己になり、箱館戦争終了後、雅之進の養子になった経緯がある。

小杉辰三は、海軍兵学校15期を席次2番で卒業し、製鋼所創設に関わる直前は海軍造兵少佐(海軍省技監)として呉工廠にて製鋼事業に携わっていたが、民間の製鋼所創設に当たり海軍を退官している。IMG_9883.JPG
実は、神戸製鋼所の前身としては、「小林製鋼所」がある。

この小林製鋼所は操業してⅠヶ月で鈴木商店に譲渡され、神戸製鋼所に生まれ変わる。そのわけは神戸製鋼所の社史 「百年史」に記載がある。
「百年史」の「1 神戸製鋼所の創業」の最初に「小林製鋼所の創業と失敗」として、
「東京で書籍業を営む小林清一郎は、知人の呉海軍工廠に勤務する海軍省技監の小杉辰三に勧められ、製鋼事業への進出を決意した。・・・・イギリスから技術者を招き、小林や小杉たちも1年間留学して製鋼業を学ぶ力の入れようで、(明治38年)9月1日の開所式も遠方から来賓を招き『小林製鋼所』として颯爽とデビューするはずであった。ところが、出鋼の合図とともにシーメンス炉から流れ出た溶鋼は、取鍋の半ばを満たしたところで固まり、湯道も黒くなって完全にストップしてしまった。取鍋の溶鋼すら回収できない状況となり、一転、目も当てられない完全な失敗となった。その後も全く操業できない状況が続き、小林は1ヵ月も経たずに開業間もないこの工場の身売りを決意する。」とある。

そして、鈴木商店が資本参加し、「神戸製鋼所」と看板を換えて再スタートする。辰三も初代技師長として引き続き勤務した。
小杉辰三の残した資料には、イギリス留学時の英製鋼所の記念鉄片、失敗した小林製鋼所のスラブなどのほかに、譲渡契約書、神戸製鋼所創設時の資産一覧表などがある。
今回は、神戸製鋼所に、資産譲渡契約書と、その資産一覧表を譲り渡した。
資産譲渡の神戸裁判所の記録には、鈴木商店の有名な女社長よねの名前も見える。IMG_9913.JPGIMG_9915.JPGIMG_9916.JPG
また資産一覧表によって神戸製鋼所創設時の規模が判明する。IMG_9905.JPGIMG_9906.JPGIMG_9907.JPGIMG_9909.JPGIMG_9910.JPGIMG_9911.JPGIMG_9912.JPG

神戸製鋼所は空襲にも遭い、貴重な史料は灰燼に帰しているだけに、まさに創業時の史料はお宝のはずだ。

のちの小杉辰三02.JPG

「 人気blogランキング 」  に参加しました。よろしければ押してくださいませ。

幕末・明治時代(日本史)ランキング
絵は三吉慎蔵と坂本龍馬です

励みになりますので、できれば以下のバナーもどうぞ
にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント