鞆の浦

画像


過日、鞆の浦の「町並みひな祭り」で見つけた、嘉永5年の書き入れがある箱とお雛様。
黒船来航で幕末の激動の時代が幕を開けるが、その前年に作られた作品。

今では日本中のあちらこちらで、町を上げて雛人形を展示し、観光客を呼び込む雛めぐりが盛んになってきた。
大きなところでは、「真壁のひなまつり」、「日野ひなまつり紀行」がある。ただし、真壁は180体ぐらいの展示をしているが、昭和に入ってから製作された雛人形が殆どだ。

鞆の浦は、北前船が寄港し、瀬戸内海を航海する船の汐待ち、風待ちのための港だったため、船宿、商家が栄え、また各藩と提携し関わりある店も多く存在した。戦災に遭わなかったため、江戸時代からの雰囲気をたたえた町並みが残り、家と蔵もそのまま現存しているのが多い。
地域のこの特性を町おこしに活かそうと、古い蔵に眠っていたお雛様を店先に並べて、観光客を呼び込む運動を展開し始めて今年で7年目となる。江戸時代のお雛様など、他所では目に出来ない古いものが多い。

画像
画像



鞆の浦は、また様々な歴史の舞台になった場所で、坂本龍馬のいろは丸事件でも有名だ。
上の写真は、事件当時、龍馬が滞在した枡屋と枡屋の2階にある隠れ部屋。小生が拝見させて頂いた時も、隠れ部屋は長く使用していないため、天井は崩れホコリだらけであった。


「 人気blogランキング 」  に参加しました。よろしければ押してくださいませ。

幕末・明治時代(日本史)ランキング
絵は三吉慎蔵と坂本龍馬です

励みになりますので、できれば以下のバナーもどうぞ
にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック