テーマ:

京の桜と講演会

4/10の日曜日、桜見を兼ね講演会を拝聴してきた。 休日が満開の時期と重なり、京は桜見物の人、人、人で大変な賑わいだった。名所の一つ丸山公園の桜もちょうど見頃で、花見客が春を楽しんでいた。 枝垂桜、染井吉野、山桜など約1000本の桜が丸山公園にあるそうだが、やはり公園中央の「祇園の夜桜」として有名な祇園枝垂桜の廻りは人が多い。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良県宇陀市の「本郷瀧桜」

忙しさにかまけ、だいぶ時間が空いてしまった。この間色々なことがあったが、おいおい綴っていこう。北海道は桜がやっと開花しこれから見ごろになる。来年は時間的に余裕が出来るので東北と北海道に花見に行くつもりだ。写真は12年前まで住んでいた奈良県宇陀市にある瀧桜、別名又兵衛桜。一ヶ月前ほどに満開になった。枝垂れ桜の花が滝のような様を見せるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜県本巣市の「淡墨桜」

国の天然記念物に指定されている岐阜県本巣市の「淡墨桜」が今年も観光客らの人気を呼んでいる。ヒガンザクラの一種で、高さ約16メートル、幹の周りが9メートル余り、広げた枝は50メートルにも及ぶ。推定樹齢は1300~1400年で、満開の頃になると次第に花びらが淡い墨色になる。 何度も枯死寸前になったが、名木の枯れることを惜しみ、淡墨桜を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大川の桜

水上から満開の大川(旧淀川)の桜、染井吉野5000本を観賞してきた。 出発は八軒家浜で、源八橋下流までの往復だが、途中では通り抜けの桜並木も川面から眺めることが出来、喜んでいる。 天満橋の八軒家浜の船着場からのさくらクルーズ 川崎橋が見えてきた。川崎の渡しがあった場所。江戸時代には橋がかかり通行料をとった。 川崎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪城の桜

今日が満開。 先日城内をすばやく駆け巡ってきた。 大阪城の桜見物は10年振りになる。あるプロジェクトで、骨休みと景気つけに約100人で夜桜を見ながら宴会をして以来。月日の経つのは早い。 今日は一人で十二分に堪能してきた。 殆どが染井吉野のなか、珍しい枝垂れ桜。                    見る角度により、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

摂州川辺郡小濱村の桜

今日は桜日和。 今の場所に居住して12年にはなるが、歩いて15分ほどの土手沿にある桜の存在を知らなかった。全て染井吉野で、手入れの様子から地区の皆さんが手塩にかけて育て大事にしてきたのが分る。小さな川の土手に植樹し、桜のトンネルになるように工夫がしてあり、また枝が土手の両側へ、下のほうへと伸び、見事というほかない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新宿御苑の桜

一週間前になるが、開花のたよりに誘われて新宿御苑の桜を拝見してきた。ここは東京でも早咲きで、桜の品種の宝庫でもある。 上の池、中の池、下の池等の池が御苑を横切っているが、下の池には、3種類の枝垂れ桜が植栽されている。 写真は、下の池端で水辺を彩る「枝垂れ桜」 ハナモモ、「源平」。桜ではないがひときは目を引く。花を観賞するた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府庁旧本館の一般公開

しだれ桜に誘われて、初めて府庁を訪れた。 3月23日(月曜)から4月5日(日曜)まで、「重要文化財 京都府庁旧本館 春の一般公開(観桜会)」と題し、旧本館と中庭を公開している。 府庁の敷地には、幕末時、京都守護職の屋敷があった。場所的にはちょうど、京都御所と二条城との間になる。 帰りはいつもの店に寄り、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more