摂海防御の絵図

一枚の絵図がある。 神戸六甲山系の摩耶山(標高702m)から摂海(大坂湾)を望んだ絵図だ。絵図の描かれ方から、摂海防御の拠点を明示していると考えてよい。 この絵図には文久3年4月26日との日付がある。誰が描いたものかわからない。 摩耶山は、大阪湾が一望できる場所なので、今でもその目的で登る人が多い。 頂上は今では掬星台と呼ば…
コメント:0

続きを読むread more