ブックカバーチャレンジ 3日目

僕が影響を受けた本を中心に紹介いたします。

ディヴィッド・バーガミニ『天皇の陰謀』
衝撃的な書名にまず驚かされる。IMG_6767.JPG

著者は、日本に生まれ育ち、戦争中は漢口、上海、フィリッピンにいたが、第二次大戦後、日本語資料を収集しまたインタビューを駆使し、「戦後」が終わろうとしている昭和47年‎に、その7年間の成果を世に問うた大作。

当時も日本国内ではタブーとされていた天皇家や、日中戦争、海外での皇族の犯罪と略奪などを調査纏めて、外国人の視点で天皇の戦争責任を問い、衝撃的な反響を巻き起こした。
最初に記述している南京大虐殺など、各論点に異論がないわけではないが、天皇と昭和史について新機軸を打ち出した書ではある。
翻訳者いいだももの元来のその思想はともかく、翻訳はしっかりしている。
よくもわるくも日中戦争、太平洋戦争について考えさせられた書。

「 人気blogランキング 」  に参加しました。よろしければ押してくださいませ。

幕末・明治時代(日本史)ランキング
絵は三吉慎蔵と坂本龍馬です

励みになりますので、できれば以下のバナーもどうぞ
にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント