西宮砲台のその後

西宮砲台の修復状況を確認してきた30.JPG
本来は9月最後の日曜日なので、1年に一回の内部公開の日なのだが、
昨年の9月4日の台風21号によって、砲台も大きな被害を被り、昨年から内部公開はしていない。
台風通過後も、夙川河口では東西の波打ち際から防潮堤まで、香櫨園浜の広い範囲で高潮暴風による漂着ゴミが打ち揚がり、台風の爪痕を残した。
幕末に勝海舟の設計で建てられた西宮砲台も、高潮で約1.5mまで水に浸かり、外壁の漆喰が剥がれて、立ち入り禁止のための周囲のフェンスも薙ぎ倒されてしまった。
昨年9月4日の状況、右の通常の時と比べると大きな高潮なのが分かる01.jpg
今は砲台の外部だけ確認できるが、内部もかなり被害を被っているらしい。10.jpg11.jpg13.jpg
すでに1年経つが、内部外部とも修理は未だ施されていない状況で、今後いつ公開できるのか、まだ決まっていない。

この説明版も倒されていました19.JPG

設計当初の図面
20.JPG
天上には明り取り用のガラス窓がある21.JPG22.JPG
砲眼は11あり、四方をカバーしている25.JPG
発射した大砲を冷やすための水供給のため、床の中央には井戸が掘ってあった。26.JPG
同じ設計の和田岬砲台の、復元された内部27.JPG


この台風により、兵庫県内では13件の文化財に被害があり、西宮砲台以外では、国指定文化財の明石城巽櫓や神戸異人館を代表する旧ハンター住宅の窓、尼崎の本興寺の縁側の一部も外れたりした。
ちなみに、本興寺は、本能寺を建立した日隆上人か開祖。
そのわけは、日隆上人が尼崎で布教した時に、細川満元が夫人の懐妊に際し、男子誕生の祈願を依頼して無事に男子が誕生したため、そのお礼として建立されており、開山は日隆上人、開基は細川満元となっている。

参考:youtube「西宮砲台 台風21号の爪痕」
   blog「香櫨園浜 鳥だより」、「 釣り情報のインフォ」など

「 人気blogランキング 」  に参加しました。よろしければ押してくださいませ。

幕末・明治時代(日本史)ランキング
絵は三吉慎蔵と坂本龍馬です

励みになりますので、できれば以下のバナーもどうぞ
にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント