生野義挙の檄文

今年は生野義挙から150年になる。
朝来市と生野町では、この節目の年を記念し以下のイベントを計画している。
11/23(土、祝日) 13:30記念式典、15:00記念講演
11/24(日)     9:30墓前祭、史跡巡り
講演者は昨年のプレイベントと同じく一坂太郎氏で、墓前祭は山口護国神社で行われる。
画像


節目の年だからというわけではなく、たまたま1年の間に3回生野義挙からみで朝来市を訪問する機会があった。基本的には先祖の調査が目的なのだが、幕末の頃の遠い縁者に生野義挙に参加した小山六郎がいる。
画像

今の朝来市山東町である大月村の、庄屋・六左衛門として名前が資料に出てくる。
小山六郎の義挙の破陣後の行動がよくわからないので調査中なのだが、因州鳥取藩に遁れ、京都や江戸の鳥取藩邸を転々としたらしい。
同じ鳥取藩に匿われ仲の良かった北垣晋太郎や進藤俊太郎と一時期行動を共にしている。彼らの自伝によると江戸で龍馬に会っているので、六郎も龍馬に会っているかもしれない。
そして、最後は長州に遁れ、高杉晋作の紹介で奇兵隊に入る。
従って、報国隊と奇兵隊がともに参加した小倉戦争では、報国隊軍監であった三吉慎蔵と戦友だった可能性もある。
この辺の事をこれから調べてみようと思っている。

生野義挙について小山六郎が遺した記述に、「但馬義挙実記」と「山陰義挙実録」がある。
六郎は明治4年に屠腹しているので、それまでに書いた文章なのだが、両書はほぼ同じ内容で、後者の方が延応寺会議、本陣の動向そして檄文の掲載があり、前者より若干詳細ではある。

生野義挙については、僕の今の関心はこの檄文(挙兵の宣言)。
檄文とは、義挙の宣言を書き、村々に運ばれ農兵を募った文書で、生野義挙の趣旨を述べた重要な文書。
紙に書いた檄文は、今は井筒屋に伝わるものしか見当たらないが、それでもいくつかの資料の中に引用されている。
しかし、それらの檄文は微妙に差異がみられる。
檄文を作成した当時、最初に執筆されたオリジナルに補筆され、複数書き写されて村々に運ばれたらしい。
檄文の執筆は、「生野義挙と其同志」によれば、「小山六郎覚書の補注によれば、こは澤主水正宣嘉卿が執筆したことになって居るが、但馬に於いて伝わるところによると、多田弥太郎が執筆し、平野國臣、美玉三平が補筆したものであると云はるる。」

そこで、資料に載っている檄文を各々比較してみた。
今回比較したのは、以下四種の檄文
A)井筒屋所蔵の檄文
B)「山陰義挙実記」
C)「會津藩庁記録」
D)「生野義挙と其同志」

A)「井筒屋所蔵・激文」
画像

  先年開港以来 御國體を奉
  汚小民乃困窮致候を 御憂被遊度々
  關東へ攘夷之
勅諚被下候得共終に不奉屬 
朝廷を蔑如し奉リ度々毒薬等を献し候
  處
皇祖天神之保護ニより
玉體無恙被為在然處去八月十七日奸賊松
  平肥後守始偽謀を以て禁門ニ乱入し関
  白を幽閉し公卿正義之参
  内を止メ御親兵を解放ち言路を隔絶し
  恐多くも
今上皇帝逆賊之被為在圍中実ニ千秋一
  時之一大厄を恣ニ致所置候始末供ニ天を
  不戴之讐ニ候嗚呼率土之濱誰人カ
  涕泣せざらん哉男子膽を張り身を投
  候ハ此時ニ候但馬國ハ人民忠孝之志厚ク
  南北之時節にも賊足利ニ與セズ
皇威を掲ケ國體を張り候条被 聞召上兼而 (注:體は、身偏に体)
  頼母敷奇特ニ 思召候早々走集リ大義
  を承り
叡慮を奉し奸賊を退ケ可奉安
宸襟候事
  亥十月   沢 主水正

         但馬國
          舊家有志人々 


B)「山陰義挙実記」
先年開港以来、御國體ヲ汚シ奉リ小民困窮致候ヲ、
被遊御憂慮、度々關東ヘ攘夷ノ勅、被為下候ヘ共、
終ニ不奉屬朝廷ヲ奉蔑如、剰ヘ毒薬等ヲ獻シ候処、
皇祖天神ノ依保護、玉體無恙被為在、然ル処八月十七日
奸賊松平肥後守始メ以偽謀而禁門ニ亂入シ關白ヲ幽閉シ
公卿正義ノ御方々ノ參内ヲ止メ御親兵ヲ解放チ言路ヲ
隔絶シ恐多クモ 今上皇帝逆賊ノ圍中ニ被為在候ハ
實ニ千秋ノ一時之大厄ヲ醸シ恣ニ三条公始メ毛利宰相
祖父子ヲ所置セラレ候始末不倶戴天之讐ニ候 嗚呼 
率土之濱誰人 不涕泣哉 男子タルモノ膽ヲ張リ身ヲ
抛ツハ此時ニ候 但馬ノ國ハ人民忠孝ノ情厚ク南北朝
ノ時ニモ賊足利ニ與セズ皇威ヲ揚ケ國體ヲ張リ候条
被聞召上頼母敷奇特被思召候 早々馳集リ大義を承リ
叡慮奸賊ヲ退ケ可奉安 宸襟候事
  文久三癸亥冬十月十一日
          大元帥   姉小路 五郎丸
          参  謀    平  野 二  郎
          同      旭      建
          同     南   八  朗
                   
                                       

C)會津藩庁記録
 (注:體は、身偏に体)
先年開港以来 御國體を汚し奉り困窮致候を被遊 御憂
度々關東江攘夷之 勅諚被下候得共終不奉屬 朝廷を
蔑如し奉リ度々毒薬等を獻候處皇祖 天神之保護ニよ里
玉體無恙被為在然處去ル八月十七日奸賊松平肥後守
始偽謀を以禁門ニ亂入し関白を幽閉し公卿正義之御方之
參 内を止メ御親兵を解放し言路を隔絶シ恐多も今上皇帝
逆賊之被為在圍中實ニ千秋一時之一大厄恣ニ致所置候
始末不倶戴天之仇嗚呼率土之濱誰人カ涕泣せざらや
男子膽を張身を抛ハ此時ニ候但馬國ハ人民忠孝之志し厚く
南北之時ニも賊足利へ不與皇威を掲ケ國體を張候條被為   
聞召上兼而頼母敷奇特ニ被思召候早々馳集リ大義を承り
叡慮を奉し奸賊を退ケ宸襟を可奉安候事
  十月   澤 主水正
    但馬國舊家並有志人々
 

D)「生野義挙並其同志」
先年開港以来奉汚御國體、小民共困窮致候ヲ被遊御憂慮、
度々關東江攘夷之勅諚被下候得共、終ニ不奉屬、奉蔑如朝廷、
數度獻毒薬候處、皇祖天神之依保護、玉體無恙被為在、
然處去八月十八日奸賊松平肥後守始、以僞謀亂入禁門、
幽閉關白、公卿正義之御方之止參内、解散御親兵、隔絶言路、
恐多今上皇帝被為在逆賊之圍中。實ニ千秋一時之一大厄ヲ
恣ニ致所置候始末、共ニ不戴天之讐ニ候。 嗚呼 率土之濱
誰人不涕泣哉。男子張膽抛身ハ此時ニ候。 但馬國ハ人民
忠孝之志厚、南北之時節ニモ不與賊足利、揚皇威、張國體候條
被聞召、兼而頼母敷、奇特ニ被思召候。早々走集リ、承大義、
奉叡慮退奸賊、可奉安宸襟候事。
  亥十月
          澤 主 水 正
          但馬國舊家並ニ有志之人々江


井筒屋に伝わる激文をベースに、文言の違いを挙げてみると、
①小民乃困窮 (B:小民困窮、C:困窮、D:小民共困窮)
 Cのみ「小民」が省略されているが、會津藩記録に採取の際
 に、写し間違えたのだろうか
②御憂被遊 (B:御憂慮被遊、C:御憂被遊、D:御憂慮被遊)
 もともとの「御憂」が「御憂慮」と訂正されたのかもしれない。
③度々毒薬等を献し 
 (B:剰ヘ毒薬等ヲ献シ、C:度々毒薬等を献、D:数度毒薬等を献し、)
 「数度」だと2~3度、「度々」はそれよりも多いイメージだが・・・。
 当時は献毒があるという噂が広まっていたらしい。
④去八月十七日 (B:八月十七日、C:去八月十七日、D:去八月十八日)
 当時の一日の概念からは、生起は夜間なのでもとは「八月十七日」かと思われる。
⑤公卿正義之 
 (B:公卿正義ノ御方々ノ、C:公卿正義の御方之、D:公卿正義之御方之)
 澤卿自ら公卿の立場で書いた文を、、一般目線から「御方々」を挿入したのだろうか
⑥御親兵を解放ち 
 (B:御親兵ヲ解放チ、C:御親兵を解放し、D:解散御親兵)
 「解散」はDのみ
⑦千秋一時之一大厄 
 (B:千秋ノ一時之大厄、C:千秋一時之一大厄、D:千秋一時之一大厄)
 「一大厄」でないのはBのみ
⑧不倶戴天の讐ニ候 (Cのみ:不倶戴天の仇、「ニ候」がない)
 會津藩庁記録に採取の際に、「ニ候」を書き洩らしたのだろうか
⑨身を投候ハ (B:身ヲ抛ツハ、C:身を抛ハ、D:抛身ハ)
 澤卿の「身を投げる」を、見直し時に「身を抛つ」に修正したのだろうか?
⑩南北の時節 (B:南北朝ノ時、C:南北之時、D:南北之時節)
 Dが澤卿の文と同じだが・・・
⑪早々走集り (B:早々:馳集リ、C:早々馳集リ、D:早々走集リ)
 Dが澤卿の文と同じだが・・・
⑫亥十月 (B:文久三年癸亥冬十月十一日、C:十月、D:亥十月)
 Dが澤卿の文と同じだが・・・
⑬沢主水正 (B:大元帥姉小路五郎丸ほか、C:澤主水正、D:澤主水正)
 幕末の頃でも「沢」の字は使われていたが、本人は「沢」を使用していたのだろうか?これは未確認
⑭但馬國舊家有志人々 (B:宛先なし、C:但馬國舊家並有志人々、D:但馬國舊家並ニ有志人々江)

  
特徴的な、
イ) B)「山陰義挙実記」にある、「三条公始メ毛利宰相祖父子ヲ」という部分が他にはないこと
ロ) 所謂八・一八政変の日にちを、D)以外は「八月十七日」としていること
を考慮すると、AかCがオリジナルに近いのではと思えるが、
元々の檄文は漢文で書かれ、農民に読みやすくするため読み下し文風にしたのか、それとも最初から読みやすい文章だったのか、基本的なことがわかっていない。
オリジナルの文と、その補筆された文、また村々に配られた文、それぞれの特定はまだできていない。


「 人気blogランキング 」  に参加しました。よろしければ押してくださいませ。

幕末・明治時代(日本史)ランキング
絵は三吉慎蔵と坂本龍馬です

励みになりますので、できれば以下のバナーもどうぞ
にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック