ディアナ号の大砲その2

弁天岬台場の大砲について市立函館博物館に問い合わせたところ、わざわざ関連の史料を送って頂いた。
『亀田御役所五稜郭弁天岬御台場御普請御用留』(東大史料編纂所蔵)の一部のコピーと、『函館市史 通説編第二巻』 P93-P95のコピー
画像


『御普請御用留』の中で頂戴したのは、以下の5つの史料、
①ディアナ号の砲52門を拝借したいとの、箱館奉行所から老中への上申書(万延元年10月)
 弁天岬台場には砲50門(80斤ボムカノン砲10門、24斤ランゲカノン砲28門、モルチエル砲12門)を据え付ける。西洋溶鉱炉反射炉を造ってこれらの大砲を鋳造する計画だが、時間がかかるので、それまでディアナ号の52門の砲と付属品を借用したいとの、上申書。
②上申に対する、老中よりの覚え(文久元年頃)
 52門のうち、軍艦奉行の意向により24門なら貸せるので、軍艦奉行と相談せよのと返書。
③肥前廻りの鉄製30ポンド砲24門を拝借したいとの、箱館奉行所から老中への願い書(文久2年2月))
 ディアナ号の砲24門は借用することになったが、なお不足しているので、肥前製の鉄製砲30ポンド砲24門(長身13門、短身11門)を別途借用したいとの、願い書。
④フランスより砲2門の買い上げについて、箱館奉行所から老中への願い書(文久2年頃)
 弁天岬台場は完成したが、大砲が不足している。フランスが神奈川に持っている砲を譲渡してもよいとの情報がある。当方にて鋳造するよりも格安なので、24斤施錠砲1門、野戦砲1門を買い上げたい、との相談
⑤弁天岬台場完成の報告(箱館奉行所から老中へ)元治元年9月
 弁天岬台場は完成した。ただし大砲据え付けの地形と兵士の屯所等は未完成。追々完成する予定なので完成予定の仕様書を報告書に添付する。

『函館市史 通説編第二巻』は、
弁天岬台場の築造工事の着工の様子から完成までのあらましと、設置した砲について『御普請御用留』の史料①、②、③をベースに記述がある。
ここでは、ディアナ号の砲は最終的に24門が箱館に送られることになったこと、不足のため拝借願いを出した肥前廻りの鉄製30ポンド砲24門は実際に配備されたかは定かではない、と結論している。


上記史料を読むと、
①弁天岬台場には、当初50門(80斤砲10門、24斤砲28門、モルチール砲12門)を設置する計画であった
②ディアナ号の砲52門の拝借を希望したが、実際には24門を貸与されることになった。(砲の種類は不明)
③不足分は、肥前製の鉄製30ポンド砲24門を拝借し、フランスから24斤砲1門と野戦砲1門を買い上げたい。
これで、計画通り砲の数は50門になる。
ただし孰れの場合も、箱館奉行所が受け取ったことを証明する史料は残っていないので、実際に入手した種類と門数は分からない。

また、弁天岬台場が完成したときに、未完成であった大砲据え付けの地形についての仕様書が発見されれば、台場完成後に設置を予定していた大砲の門数と種類が分かるのだが、仕様書の史料が残っていない。


旧幕府軍が描いたとされる「弁天岬台場の図」には、80斤砲1門、24斤砲6門が描かれている。
図には計7門しか描かれていないが、当初計画の配備数50門との落差は大きい。

また、この7門は「海軍歴史」に記述のディアナ号の明細とは一致しない。
「海軍歴史」によれば、ディアナ号の砲の種類と数は以下のとおり
一、鉄製六拾斤長加農 四  挺
一、同  三拾斤短加農 十八挺
一、同  弐拾斤長加農 三十挺
    〆五拾弐挺

従って、弁天岬台場が完成した元治元年9月以降に、初めて設置された大砲の種類と門数は今現在は不詳ということになる。
弁天岬台場が、幕府から新政府軍、また旧幕府へと支配が変わっていく中で、大砲の設置がどのように変遷したのかは記録がない。
分かっているのは、弁天岬台場の、おそらく最後の姿であろう、「弁天岬台場の図」に描かれた7門ということになる。
しかしながら、80斤砲1門、24斤砲6門は「海軍歴史」と照らせば、ディアナ号のものではないと結論することができる。

参考:

『亀田御役所五稜郭弁天岬御台場御普請御用留』
『函館市史 通説編第二巻』
『海軍歴史』


「 人気blogランキング 」  に参加しました。よろしければ押してくださいませ。

幕末・明治時代(日本史)ランキング
絵は三吉慎蔵と坂本龍馬です

励みになりますので、できれば以下のバナーもどうぞ
にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた 驚いた

この記事へのコメント

あこ
2012年04月26日 20:07
このような歴史があることすら知りませんでした、ありがとうございます。
鐵五郎
2012年04月28日 17:23
吉村昭著「幕府軍艦回天始末」には函館占領時には15の砲座とあり、この図とほぼ一致します。以下ご参考。

その砲台は文久3年(1863)に武田斐三郎がオランダの築城書を参考に設計し、十万両の巨費を投じて完成した新式の台場であった。・・・(略)・・・十五の砲座があり、ロシア使節プチャーチンから贈られた「ディアナ号」の砲も据えつけられ、函館港を防備する強力な施設であった。
慶応三年十月二十日鷲ノ木に榎本艦隊が投錨し、翌二一日全陸兵を上陸させた。二二日野営中に新政府軍の夜襲を受け交戦となった。
二四日新政府軍は五稜郭を出ると翌朝函館に停泊中のプロシャの軍艦を雇い入れ津軽海峡を渡って青森に逃れた。各藩兵もイギリス船に乗って去るのを榎本艦隊の回天が目撃したが外国人との紛争を避けるため発砲せず見送った。函館港に近づいた回天と蟠龍は警戒しながら砲台をしばらく監視したが人影もなく兵は逃げ去って無人と判断し、占拠した。しばらくして五稜郭から陸兵が来て海兵に代わって砲台の警備についた。開陽は十一月一日鷲ノ木を離れて函館港に入り、投錨した。榎本は函館占領を祝して21発の祝砲を発射させ、隊列を組んで五稜郭に入った。
鐵五郎
2012年04月28日 17:32
スミマセン訂正です。慶応3年は誤りで明治元年です。慶応4年から改元して明治になってすぐの出来事です。
寸心
2012年04月28日 20:30
鐵五郎さん、コメント有難うございます。
弁天岬台場を描いた図は色々な図が残されており、どの時点を描いたものなのか、またどれが正解なのか、小生にはよくはわかっておりません。

今年、霊山歴史館に展示されていた「弁天岬台場の図」には、80斤砲1門、24斤砲6門が描かれています。
砲と砲の間には、他から砲を守る高い垣が構築されています。
垣の数は8つ確認でき、垣と垣の間に砲が1門設置されています。

函館博物館の図録『五稜郭 箱館戦争』には元治元年竣工時の平面図として「箱館弁天岬御台場絵図」が載っており、24斤砲30門を含め3種類の砲計50門の図が描かれています。
そこには、石造らしき垣が21描かれ、垣と垣の間に砲が2門から4門設置されています。

本ブログに掲載の図は、須藤隆仙氏『総覧 箱館戦争』に掲載されている弁天岬台場の図を拝借していますが、理由は、
弁天岬台場遠景として良く目にする古写真にみえる垣(一見砲台と間違いやすい)の数と同じであるため、載せました。
写真と同じであるため、弁天岬台場の最後の姿ではないかと思われるからです。
遠景の写真では、かなり大きな垣と思われるものが15確認できます。

吉村氏の幕府軍艦「回天」始末の文春文庫版のあとがきに参考文献が掲載されておりますが、参考文献を見ていませんので、砲台の数を15としたのはどの文献なのかは今は確認できておりません。ただ吉村氏も、遠景の写真を見て、垣を砲座とみて、15としたのかもしれません。
寸心
2012年04月29日 22:30
鐵五郎さん、弁天岬台場とディアナ号の砲について、先人の研究を色々と調べてみました。
よくまとめておられる、肥田実氏の『幕末開港の町 下田』を参考にすると、以下の通りです。

1.明治24年10月28日『函館新聞』に「弁天見岬台場は・・・六面に大砲眼が15あり、60斤砲2門、24斤砲13門」とあり、大砲眼は15、砲も15門。

2.『海舟日記』文久2年5月8日に、「江戸より咸臨船入津。竹本甲斐、乗組み来る。魯国献貢の大砲二挺、附属品並びにホートホイッスル摺重台、操練局より送り来る。」とあり、ディアナ号の大砲2門が江戸の操練局より、神戸軍艦操練所に2門送られている。すべての砲がこの時江戸に保存されていた可能性がある。

3.『旧幕府』第1巻2号「「幕府軍艦開陽丸の終始」第一回に、「此船(ディアナ号に)積んである大砲は五十二挺でございまして六十斤が四挺三十斤が十八挺二十斤が二十挺・・・・、明治六年に・・築地の海軍兵学校に稽古用の砲台を築いた折此三十斤の大砲一挺を砲台に備え生徒方の稽古用に致しました、その後明治八年に露西亜の軍艦が横浜に這入て来まして或る日艦長ブリュノー始める六人の士官がへ兵学校を拝見に来ました、然る所其大砲が稽古用に備へてありました故、且驚き且喜び艦長初め余程感じましたようで、・・・艦長は帰るときに大砲に就いて居る鷲の形及其番号迄油墨を出して写し取持って往きました。・・・」
寸心
2012年04月29日 22:31
(続き)
4.また肥田氏は、「ロシア製の大砲には・・・・ロマノフ王朝の双頭の鷲の紋章が刻まれていた。函館公園から靖国神社に移送する前に池田種之助が撮影した四門の写真を、桑嶋洋一が拡大、厳密に比較したところ、靖国神社の残る1門とみられる砲以外の3門にはこの鷲のマークが確認された。

5.ディアナ号の砲の内訳について、肥田氏は、大砲を実見したハリスの『下田日記』に六十八斤ベークザン榴弾砲4門、二十四斤短砲18門、二十四斤長砲30門、」とあり、海舟の『海軍歴史」とは異なる。
海舟は下田で本砲の調査に立ち会っておらず、大砲の贈呈の時期に下田に駐在しロシア使節とも緊密に付き合い大砲の知識も深いリスの言に信を置いている。
このハリスが「ベークザン榴弾砲」などの正式名称を使い、30斤砲があったとせずに、24斤砲の長・短砲としていることに注目している。

6.靖国神社の砲は英国の砲であるが、出自はどこか。軍艦蟠龍ののもと考えられるが、もともと英国から贈られた時の装備は、12斤と6斤のライフル砲であることから、靖国神社の砲ではあり得ない。

7.ディアナ号の錨は英国製であり、積んでいた備砲の中に英国製の砲があっても不思議ではない。

靖国神社の砲の出自についての推論は省略しますが、砲一つとってもなかなか奥の深い問題であると認識を新たにしました。
鐵五郎
2012年04月30日 12:25
蟠龍のその後を追ってみました。どの段階で大砲が外されどこへいったのか?また、再度軍艦となり、大砲を積んだのか?陸からは弁天崎砲台、湾内は回天と蟠龍。新政府軍は甲鉄、春日、陽春、朝暘、丁卯の軍艦が湾内に入り海戦が始まった。蟠龍の放った大砲が朝陽に命中、大爆発を起こして沈没。朝陽の死者は57名、重軽傷者20人。中には塩飽の水主もいたのではないか。5隻の軍艦を相手に奮闘した蟠龍も被弾し、砲弾を全て撃ち尽くしたうえ、機関の故障を起こし、艦を浅瀬に乗り上げ乗員はボートで弁天崎砲台に避難した。甲鉄からボートが降ろされ、蟠龍に火を放った。半ば焼けた頃、マストが倒れた衝撃で横倒しになり、海中に浸って火が消えた。
 翌5月12日甲鉄は五稜郭に向かって艦砲射撃を行った。弁天崎砲台の永井玄蕃に降伏状が届けられ、一旦は降伏勧告を拒否するが、16日千代ヶ岳砦の中島三郎助の戦死を聞き、弁天崎は降伏。18日ついに榎本は兵の助命を条件に降伏する。引き渡した大砲は30門、小銃1600挺。
その後、イギリス商人が蟠龍を上海まで曳航して修理、改造し、日本に回航して北海道開拓使に売り込み、名を雷電と改め、輸送船として使用された。さらに明治10年に軍艦となり、明治21年土佐の人に売られて捕鯨船として使われ、やがて老朽して解体された。
寸心
2012年04月30日 20:37
鐵五郎さん、蟠龍のその後のコメント有難うございます。
『旧幕府』第1巻7号に、横井時庸「幕府の軍艦蟠竜丸の記」があります。
内容は、安政5年7月の英国女王からの贈与より、明治30年9月大坂木津川大字難波前川造船所での解体を以て終わっています。
その中には、残念ながら大砲の話は出てきません。
ただ、蟠龍が弾を撃尽くした後、大町浜に乗り上げ、船中に火を放ったことが書かれています。
火を放ったのは新政府軍との話を目にしますが、当時三等士官横井貫一郎として乗船していた本人の言ですので、新政府軍の手に渡さないためにも、旧幕府軍側が火を放ってのだと思っています。
横井は、最後に、「幕府の軍艦多かりしといへども蟠龍の如く其終りを全くしたるものあるを聴かす、軍艦としては本邦古来未曾有の功を奏し商船としては能く貨物旅客を運搬し、明治三十年今月今日木津川河畔秋風吹く処一条の龍骨を残すや、余故ありて今夏以来木津川に往来すること数回、今昔の感に堪えす、茲に同艦の為に一篇の念仏に換えて此記を作る、余白を賜はらは幸甚  明治三十年九月十四日」と結んでいます。
寸心
2012年05月09日 16:06
2012/04/28 20:30の小生のコメントを訂正したします。
「函館博物館の図録『五稜郭 箱館戦争』には元治元年竣工時の平面図として「箱館弁天岬御台場絵図」が載っており、24斤砲30門を含め3種類の砲計50門の図が描かれています。そこには、石造らしき垣が21描かれ、垣と垣の間に砲が2門から4門設置されています。」
と、「石垣らしき」としました。
昨年の品川歴史館特別展「品川御台場」の図録に載っている品川台場などの絵図を見ると、砲と砲とも間にある弾除けの垣は、石造りではなくあくまでも土塁です。石造りでは被弾すると却って危ない。弁天岬台場ではこの弾除け土塁は芝生で覆われていたようです。
弁天岬台場の設計図は、外周と更に内周に弾除け土塁があり、砲座は二重に設置する構想です。が、実際に出来上がった台場は設計図通りではなく、古写真に見る弁天岬台場の弾除け土塁は、外側に見えるだけで数えると15しかありません。
明治24年10月28日『函館新聞』にある「弁天見岬台場は・・・六面に大砲眼が15あり、60斤砲2門、24斤砲13門」との記述は、古写真に見えるこの外回りの弾除け土塁を、その内部に大砲が設置されていて従って大砲眼があるとしたようですし、吉村昭氏も「15の砲座」としたようです。『史実を歩く』等にみるように、歴史小説を書くために氏が現地調査や史料での確認を綿密にされる姿勢に共感を持っていますが、この弁天島岬の砲座については調査が及ばなかったものと思われます。

この記事へのトラックバック