アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「龍馬」のブログ記事

みんなの「龍馬」ブログ

タイトル 日 時
伏見寺田屋にて
伏見寺田屋にて  「好ましからざる人物」 ペルソナ・ノン・グラータ Persona non grata。 これは外交用語なのだけれど、 9月8日から3日間行われた米熊・慎蔵・龍馬会による京都歴史ツアーの中でも、感じたことだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/13 07:19
龍馬が隠れた材木納屋
龍馬が隠れた材木納屋 龍馬と三吉慎蔵が幕府の捕吏と寺田屋で戦い隙を見て逃走した途次、隠れた材木納屋がある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/02 17:52
初代伏見町長・江崎権兵衛
初代伏見町長・江崎権兵衛 江崎権兵衛は、伏見の事業家であり初代伏見町長をした人物だが、その履歴を調べてみた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/24 20:47
寺田屋からの逃走ルート5 薩摩藩伏見屋敷
寺田屋からの逃走ルート5 薩摩藩伏見屋敷 京博にて、「大政奉還150年記念 鳥羽伏見の戦い」展を拝見してきた。 僕にとっては重要な史料が多いが、目的は、 @幕末の伏見の地図 A薩摩藩伏見屋敷の平面絵図 の確認 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/03 11:51
寺田屋からの逃走ルート4
寺田屋からの逃走ルート4 寺田屋事件での材木納屋から薩摩藩伏見屋敷までの逃走ルートを調べている。 動けない龍馬は材木納屋に隠れ、三吉慎蔵が単独で伏見屋敷を目指した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/29 10:14
寺田屋からの逃走ルート3
寺田屋からの逃走ルート3 寺田屋の裏の車町の通りから、村上町の材木納屋までの逃走ルートを考えてみたい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/23 11:15
寺田屋からの逃走ルート2 材木納屋
寺田屋からの逃走ルート2 材木納屋 龍馬と慎蔵が避難し隠れた材木納屋を確認したい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/21 21:19
寺田屋からの逃走ルート1 寺田屋
寺田屋からの逃走ルート1 寺田屋 龍馬と慎蔵が逃走した経路を調べている。 まずは出発点の寺田屋のその敷地について。 寺田屋の敷地が実際に記録にあらわれるのは明治になってからなので、これから調べてみる。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/21 12:08
龍馬をも相扶ケ
龍馬をも相扶ケ ある文書について、新しい読みのご教示を頂いたので記録しておきたい。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/19 07:41
「花燃ゆ」5月17日放送  長井雅楽
「花燃ゆ」5月17日放送  長井雅楽 今回のドラマで気になったのはやはり長井雅楽のこと ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/23 21:06
「花燃ゆ」5月17日放送 晋作の短銃
「花燃ゆ」5月17日放送 晋作の短銃 今回の関心事は、晋作が上海で求めたピストル ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/23 21:06
三吉慎蔵の妻・伊予
三吉慎蔵の妻・伊予 今日は、長府藩士・三吉慎蔵の妻、伊予の月命日 伊予は長府藩士正村喜三郎の三女で、慎蔵が安政4年(1857)3月に三吉家の養嗣子になった翌年1月に17歳で入嫁し、明治44年(1911)1月に没している。享年71才。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/14 11:08
晋作が上海で購入したピストル
晋作が上海で購入したピストル 高杉晋作は、上海にいた間、中でも佐賀藩士中牟田倉之助とは気が合い、一緒に外出することが多かった。晋作が短銃を求めた時も一緒にいることがあった。 しかし何故か、短銃購入の場面では、晋作と倉之助の日記には微妙な違いが散見される。                   スミス&ウェッソン モデル1   (MEDIAGUN DATABASEより拝借) ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/30 20:07
龍馬が使用したピストル
龍馬が使用したピストル 慶応2年1月24日(1866年3月10日)の寺田屋事件で龍馬が使用した銃は、 2月6日付桂小五郎宛て龍馬書簡に、「彼高杉より被送候ピストールを以て打払、一人を打たをし候」 とあり、晋作より贈られた銃に間違いはない。               写真はスミス&ウェッソン モデル2  アーミー 32口径(Wikipediaより拝借)  ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 5

2012/05/25 20:36
酢屋と龍馬
酢屋と龍馬 昨日、京都府庁旧本館連続講座W「幕末歴史秘話・土佐編」を拝聴してきた。 講師は、材木商 十代目酢屋嘉兵衛(中川敦子)氏で、テーマは「酢屋と龍馬」。 なかなか聞けないお話を伺った。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/28 21:57
関東訪問その3 千葉さな講演会
関東訪問その3 千葉さな講演会 12/12 あさくらゆう氏の講演「坂本龍馬の許嫁千葉さな 今、明かされる真実」 を拝聴してきた。 東京足立区興本地域学習センターが主催し、NPO法人千住文化普及会が共催。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/20 20:15
塩飽訪問その2
塩飽訪問その2 11/21、多度津町立資料館を初めて訪ね、 開館20周年を記念した秋季特別企画展「幕末に活躍した塩飽の男たち」を拝見してきた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/11/26 20:40
龍馬祭と講演会
龍馬祭と講演会 11/15、久し振りに霊山へ出かけた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2010/11/19 13:26
旅サラダと小五郎と龍馬と
旅サラダと小五郎と龍馬と 紅葉には若干早いが、城崎と芝山・香住にも足を伸ばし、温泉とカニを満喫してきた。 カニは、解禁以後11月中はまだ安く、12月に入ると倍近くに値が上がるらしい。 例年と同じく、城崎では桂小五郎が潜伏した旅籠の向かいに宿を取る。 ここのカニ料理は間違いがない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/11 14:01
京都散策
京都散策 最近、京都を訪ねることが多い。 紅葉にはまだ早いが、先週は2回、京都の庭園巡りなどをしてきた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/11/02 14:57
下関長府訪問
下関長府訪問 9/13より4泊5日の日程で、下関長府を半年ぶりに訪れた。 目的は長府博物館での史料調査。今まで知りたかったことが9割方判明した。 調査未了の1割は長府では情報が得られないので、別途信州訪問を計画するつもり. ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/18 09:52
龍馬コイン考
龍馬コイン考 地方自治法施行60周年記念として、平成22年度分は6県の記念硬貨が発行される。 今日はそのうち、高知県、岐阜県、福井県の500円硬貨の発行日。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/21 22:47
歴史とは何か?
一昨日大阪龍馬会の夏季講座、「千葉佐那をめぐって」を拝聴してきた。 講演者は京都国立博物館の宮川禎一氏で、昨年一年間の研究のあとをたどりながら、そこで得た成果についての発表。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/21 18:30
11/15
11/15 久し振りに霊山を訪ねた。 大阪龍馬会、中岡慎太郎ファンなどなど知り合いの方々ともお会いし、早速お参りした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/18 23:13
東京雛めぐり3(三井記念美術館)
東京雛めぐり3(三井記念美術館) 三井記念美術館は三井家伝来のおひな様のうち、三世代の夫人のおひな様を展示している。二世代目は、北三井家十一代高公の夫人・e子(としこ、1901-1976)のもの。e子は旧福井藩主・松平康荘の長女として明治34年(1902)3月9日に福井で生まれ、大正9年(1920)に高公のもとに嫁いだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/15 22:20
昭憲皇后の愛玩雛
昭憲皇后の愛玩雛 昭憲皇后ご愛玩と伝えられるお雛様。木目の起き上がり雛。 昭憲皇太后が正式の追号だが、あえて本来あるべき昭憲皇后とお呼びする。 出生は1849年5月9日(嘉永2年4月17日)、死去 1914年4月9日 在位は1869年2月9日(明治元年12月26日) - 1912年7月30日 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/07 23:19
鞆の浦
鞆の浦 過日、鞆の浦の「町並みひな祭り」で見つけた、嘉永5年の書き入れがある箱とお雛様。 黒船来航で幕末の激動の時代が幕を開けるが、その前年に作られた作品。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/05 22:17
京都嵯峨野
京都嵯峨野 寸暇を見つけて嵯峨野の博物館人形の家へ出かけてきた。 実に様々なお雛様が展示してある。京都だけあって全て陰陽道にもとづいて伝統通りに配置されている。 仁孝天皇、孝明天皇、昭憲皇后などの愛玩されたお雛様などもあり、又いくつかこれまで見たこともない新しいパターンのお雛様も拝見できた。 一緒に展示されていた現代的なお雛様と比べると、時代毎の人形の変遷が確認できる。好みは人により違うのだろうが、小生には昔のお顔のほうが味わいがあるような気がした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/04 21:01

トップへ | みんなの「龍馬」ブログ

幕末散歩 龍馬のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる