アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「長州・長府」のブログ記事

みんなの「長州・長府」ブログ

タイトル 日 時
旧土地台帳からみる三吉慎蔵
旧土地台帳からみる三吉慎蔵 〇三吉慎蔵の生家・小坂家 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/31 23:51
『三吉慎蔵日記』を例に
『三吉慎蔵日記』を例に 史料は比較検証が必要となることの例 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/23 21:48
先祖調査からの拾遺
先祖調査からの拾遺 先祖調査をしていると、不思議なことに出会う。 これを歴史の綾と勝手に呼んでいるのだが、幕末がらみを中心に幾つか挙げてみる。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/27 15:50
下関長府山口の旅 その1
下関長府山口の旅 その1 第1日目 (3月25日) 下関在住の伊佐さんの案内で、中山忠光公の延行村での潜居跡をめぐった後、法務局下関支局にて、三吉慎蔵とその縁者の調査のため旧土地台帳を閲覧した。 時間の都合ですべてを調査はしきれていないが、取りあえず中間報告をしておきたい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/31 18:38
三吉慎蔵の最後
三吉慎蔵の最後 慎蔵は明治34年2月16日、数え71歳で長府にて亡くなっている。 先日、明治33年と34年の慎蔵日記を読む機会があった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/29 23:04
今日は、三吉慎蔵の妻伊予の祥月命日
今日は、三吉慎蔵の妻伊予の祥月命日 慎蔵は小坂(おさか)土佐九郎の次男で、安政4年(1856)3月に三吉十蔵の養嗣子となる。 その翌安政5年1月23日に、同じ長府藩士・正村喜三郎藤原忠起の三女、17歳の伊予と婚儀を結んでいる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/14 13:11
「戊午の密勅」と船越清蔵
「戊午の密勅」と船越清蔵 戊午の大獄(安政の大獄)で処罰された者は多いが、逃げのびた者も少なくはない。 大津にいた船越清蔵もその一人だ。                         山口県菊川町の清蔵の墓所にて ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/14 12:01
楫取素彦と三吉慎蔵
楫取素彦と三吉慎蔵 大河ドラマ「花燃ゆ」のこれからの放映で、楫取素彦の妻寿が明治14年1月に死去する場面がある。 亡くなった場所は、東京の麹町平河町6丁目22番地の楫取素彦敷地内の粂次郎 (このときは道明)邸。 このとき三吉慎蔵は、ドラマには出てこないが、ごく近くにいた。                     写真は、当時の三吉慎蔵 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/21 00:14
龍馬をも相扶ケ
龍馬をも相扶ケ ある文書について、新しい読みのご教示を頂いたので記録しておきたい。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/19 07:41
「花燃ゆ」9月13日放送 桔梗屋の辰路
「花燃ゆ」9月13日放送 桔梗屋の辰路 今回の関心事は、久坂玄瑞の子・秀次郎の実母のこと ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 3

2015/09/14 21:54
今日8/21は小杉雅之進の祥月命日
今日8/21は小杉雅之進の祥月命日 この人を知ったのはそんなに昔ではない。 今から8年ほど前のことだ。 定年後の趣味のひとつとして、幕末時代の先祖の調査を本格的にしようかと思い調べ始めたときだった。                晩年の小杉雅之進 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/21 21:28
「花燃ゆ」8月2日放送 赤禰武人
「花燃ゆ」8月2日放送 赤禰武人 今回の関心事は、赤禰武人は奇兵隊の第何代総督かということ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/05 21:15
「花燃ゆ」7月19日放送  山口から萩へ
「花燃ゆ」7月19日放送  山口から萩へ 今回のドラマの関心事は、移鎮した山口から一時的に萩へ戻ったこと ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/23 21:42
「花燃ゆ」7月12日放送  講和談判の代表
「花燃ゆ」7月12日放送  講和談判の代表 今日のドラマの関心事は、下関戦争の講和談判の代表 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/23 21:42
「花燃ゆ」6月7日放送 久坂玄瑞一家
「花燃ゆ」6月7日放送 久坂玄瑞一家 今回のドラマでの関心事は久坂玄瑞とその家族のこと ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/23 21:07
「花燃ゆ」6月7日放送 八・一八前後の行動
「花燃ゆ」6月7日放送 八・一八前後の行動 今回の関心事は、小田村伊之助の八・一八前後の行動。 ドラマでは、藩主に大和行幸の予定を報告し、藩士を随行させる許可を貰っている。この前後のことは『楫取素彦覚書』にもあるが、他の史料で補足してみたい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/23 21:07
「花燃ゆ」6月21日放送  萩藩世子の毛利定広
「花燃ゆ」6月21日放送  萩藩世子の毛利定広 今回のドラマの関心事は、長州萩藩世子の毛利定広 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/23 21:07
「花燃ゆ」6月14日放送 来嶋又兵衛
「花燃ゆ」6月14日放送 来嶋又兵衛 今回のドラマの関心事は、来島又兵衛 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/23 21:07
「花燃ゆ」5月17日放送  長井雅楽
「花燃ゆ」5月17日放送  長井雅楽 今回のドラマで気になったのはやはり長井雅楽のこと ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/23 21:06
「花燃ゆ」5月17日放送 晋作の短銃
「花燃ゆ」5月17日放送 晋作の短銃 今回の関心事は、晋作が上海で求めたピストル ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/23 21:06
「花燃ゆ」5月24日放送  攘夷実行
「花燃ゆ」5月24日放送  攘夷実行 文久3年(1863)5月10日の攘夷期限の日、長州の砲台が火をふいた ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/23 21:06
幕末維新殉難志士の慰霊祭
幕末維新殉難志士の慰霊祭 禁門の変の日の7月19日、京都洛東霊山の霊明神社にて、霊明神社奉賛会主催の「幕末維新殉難志士の慰霊祭」が行われた。 霊明神社は、幕末維新にかけ、主に長州系志士達の葬送・祭祀の地となるが、藩の枠を超えて、暗殺・戦死など殉難・変死した志士達も葬っていく。従って、霊山は、幕末維新の志士たちの聖地として知られる。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/21 21:44
小坂家の出身地・備中国小坂村
小坂家の出身地・備中国小坂村 三吉慎蔵の実家・小坂家の出身地・備中国小坂村を調べている。 調査はとりあえず、以下の資料から行った。 @藤井駿氏「三聖寺文書に見える備中国小坂庄」 A鴨方町「鴨方町史」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/11 21:56
三吉慎蔵の実家・小坂家の出身地
三吉慎蔵の実家・小坂家の出身地 慎蔵は、小坂(おさか)土佐九郎・かつ子の次男で、三吉家の養子になる。 実父の小坂土佐九郎は、長府藩士で剣術指南役であったが、その先祖は、小坂家系図によると、初代について、 「元綱 源姓、小坂土佐守備中國小坂村之住人  穂田元清公江仕致御一字ヲ拝領ス知行五拾石之由申傳  父母共不分  妻佐久間主計某女」 とある。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/04 13:04
三吉慎蔵と中山忠光公 その2
三吉慎蔵と中山忠光公 その2 この二人について僕にとっては分らないことが多い。 最近、時々答えのない疑問があれこれ湧いてくることがよくある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/08 23:54
三吉慎蔵と善勝寺
三吉慎蔵と善勝寺 下関で開催された長清会の翌日、3/22に長府と清末の間にある善勝寺を訪ねてきた。 幕末、このお寺の三女・津原かつ子が長府藩士小坂土佐九郎に入嫁した。 かつ子は、三吉家に養子に行った慎蔵の実母になる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/29 00:44
下関にて中山忠光公史跡めぐり
下関にて中山忠光公史跡めぐり 3/21晩に下関にて長清会が開催されるため、それまでの間、忠光公の史跡を回ってきた。 中山神社に用がありついでに史跡めぐりを思いついたのだが、現地については全くの地理不案内でもあったので、地元下関のFB友達の伊佐さんの快諾を得て、コース案作りも現地案内もしていただいた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/03/26 15:30
井上聞多のこと
井上聞多のこと これは困った。 井上聞多の妹厚子は、来島又兵衛の長男・森清蔵に嫁いでいたのか、これは知らなかった。 三吉慎蔵-->船越清蔵-->来島又兵衛-->井上聞多となり、慎蔵とは遠いが、毀誉褒貶の分かれる聞多と縁続きになってしまう。 慎蔵はこのことを知っていただろうか? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/24 00:26
長清会と毛利秀元公銅像の建立
長清会と毛利秀元公銅像の建立 3/21、下関の天白ひらこし「ふく楽舎」にて美味しいフグを頂きながら、第二回目の長清会が開かれた。 この会は、現下関市域のほとんどを占める長府藩・清末藩の子孫や関係者の、会員同士の懇親と下関発展への寄与を目的にしている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/23 16:03
三吉慎蔵と中山忠光公 その1
三吉慎蔵と中山忠光公 その1 中山忠光公について、『三吉慎蔵日記』には2か所の記述がある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 6

2015/03/18 10:45
三吉慎蔵の実母・かつ子の家系
三吉慎蔵の実母・かつ子の家系 かつ子とその実家の事を調べている。 かつ子は、長府藩士小坂土佐九郎(馬廻役、剣術指南役)の妻で、文化3年(1806)7月23日に生まれ、明治30年(1897)に92歳で亡くなっている。慎蔵は二人の次男になる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/25 00:16
長府藩士・小坂土佐九郎とその家族
長府藩士・小坂土佐九郎とその家族 年末に入手した三吉慎蔵の実家・小坂家の系図から様々な情報が分ったので、その一部を記録しておく。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/06 01:38
下関市菊川町にて船越清蔵を訪ねる
下関市菊川町にて船越清蔵を訪ねる 一週間ほど前、長州清末藩の産んだ陽明学者・船越清蔵の生まれ故郷の下関市菊川町を訪問した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/01 22:15
防長殉難者の墓所と法要
防長殉難者の墓所と法要 10/26(日)、京都東福寺・退耕庵での明治維新防長殉難者の法要に参列してきた。 慰霊祭は、安政の大獄、池田屋騒動、禁門の変、鳥羽伏見に始まる戊辰戦争等々における萩宗藩、長府、清末、徳山、岩国の各支藩の防長殉難者を対象にしており、判明しているだけでその霊名は1,621名に上っている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/12 18:15
三吉慎蔵の娘・友子
三吉慎蔵の娘・友子 昨日、10月31日は三吉友子の祥月命日 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/11/01 20:41
明治期の長府毛利邸と三吉慎蔵邸の変遷
明治期の長府毛利邸と三吉慎蔵邸の変遷 6月27日、東京にて、明治時代の長府毛利邸と三吉慎蔵邸の跡を訪ねてきた。 長府毛利家当主元敏公は、明治4年9月から、明治23年まで東京に詰め、 家扶であった三吉慎蔵は元敏に随従し、東京に同じく20年住む。 慎蔵は、明治10年に宮内省に出仕するが、長府毛利家との関わりは維持している。 その足取りを訪ねてみた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/30 14:49
三吉慎蔵の実母かつ子
三吉慎蔵の実母かつ子 本日6月22日は、小坂かつ子の祥月命日。 かつ子は、長府藩馬廻役で剣術指南役・小坂土佐九郎の妻で、文化3年(1806)7月23日に生まれ、明治30年(1897)に92歳で亡くなっている。 当時としてもかなりの長命だ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/22 19:09
三吉慎蔵日記
三吉慎蔵日記 『三吉慎蔵日記』は清書されていて、十九巻と附属巻で構成されている。 清書の元になった日記原本は今は存在が確認できていない。  ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/05 16:49
三吉玉樹・トモ夫妻とその家族
三吉玉樹・トモ夫妻とその家族 最近はfacebookばかりでブログを書くのをすっかり失念していた。 facebookとブログとは各々利点が異なり役割が違う。 ブログは記録として残り、かなり後からの検索も可能だが、facebookはこの点で見劣りがする。 facebookはむしろ特定グループ内での交流の素早さに重点が置かれ、利点がある。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/31 10:29
三吉慎蔵の写真
三吉慎蔵の写真 今日は三吉慎蔵の祥月命日。 明治34年(1901)2月16日、長府で没す。享年71歳。 幕末史の中ではマイナーな人物だが、最近驚いたことがある。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/02/16 23:05
三吉慎蔵の妻・伊予
三吉慎蔵の妻・伊予 今日は、長府藩士・三吉慎蔵の妻、伊予の月命日 伊予は長府藩士正村喜三郎の三女で、慎蔵が安政4年(1857)3月に三吉家の養嗣子になった翌年1月に17歳で入嫁し、明治44年(1911)1月に没している。享年71才。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/14 11:08
乃木神社 御祭神百年祭
乃木神社 御祭神百年祭 今年は、明治天皇が薨去され100年になる。 従って明治天皇に殉じた乃木希典が亡くなって100年。 乃木神社では、殉死の9月13日に、「御祭神百年記念」として「御祭神百年祭」の奉納行事が以下のように執り行われた。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 10 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/09/20 12:34
吉田松陰の拝闕詩碑
吉田松陰の拝闕詩碑 岡崎公園の京都府立図書館の敷地に、京都で松陰に関する唯一の碑がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/06/26 21:23
晋作が上海で購入したピストル
晋作が上海で購入したピストル 高杉晋作は、上海にいた間、中でも佐賀藩士中牟田倉之助とは気が合い、一緒に外出することが多かった。晋作が短銃を求めた時も一緒にいることがあった。 しかし何故か、短銃購入の場面では、晋作と倉之助の日記には微妙な違いが散見される。                   スミス&ウェッソン モデル1   (MEDIAGUN DATABASEより拝借) ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/30 20:07
龍馬が使用したピストル
龍馬が使用したピストル 慶応2年1月24日(1866年3月10日)の寺田屋事件で龍馬が使用した銃は、 2月6日付桂小五郎宛て龍馬書簡に、「彼高杉より被送候ピストールを以て打払、一人を打たをし候」 とあり、晋作より贈られた銃に間違いはない。               写真はスミス&ウェッソン モデル2  アーミー 32口径(Wikipediaより拝借)  ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 5

2012/05/25 20:36
「鹿児島県史料」について
「鹿児島県史料」について 昭和34年から随時発刊されてきた鹿児島県史料を読むと面白いことが書いてある。 昭和59年発刊の「旧雑録後編5 斉宣・斉興公史料」の解題に、 明治5年、大山格之助が鹿児島県令の時に、県庁に保存されている薩摩藩時代の公文書を「旧弊を打破する」との理由で焼却してしまったために薩摩藩の歴史研究に大きな弊害を与えた、とある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/01/08 20:36
防長殉難者の顕彰
防長殉難者の顕彰 10/23京都東福寺の塔頭退耕庵において、明治維新防長殉難者顕彰会の平成23年度総会ならびに法要が営まれ、初めて参列してきた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/10/27 19:49
下関長府訪問 3日目
下関長府訪問 3日目 本日は、 朝方、壇ノ浦砲台跡と 赤間神宮を訪ね、 長府博物館で展示を拝見した後、同館で5時間ほど資料調査を行った。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/10/26 23:45
下関長府訪問 2日目
下関長府訪問 2日目 本日は、 長府功山寺にて、三吉家の墓地に参ったあと五卿潜居の間でご住職の話を拝聴し、 長府博物館に隣接の万骨塔で行われる霊石除幕式と平和祈念祭に臨んだ。 式典のあと直会に参加してから市内の史跡を巡り、晩は長府の友人と一献酌み交わした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/10/26 00:21
下関長府訪問
下関長府訪問 10/19より、2泊3日で下関長府を訪ねてきた。 目的は、 10/19 下関市役所での先祖調査、下関市長表敬訪問、山川健次郎と飯沼貞吉の御子孫の講演拝聴 10/20 長府万骨塔での山川健次郎霊石安置式参列、菩提寺お参り 10/21 長府博物館での史料調査。            長府万骨塔に安置される 「白虎隊士 山川健次郎霊位」と刻んだ霊石             「白虎隊の会」の印がある ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/10/25 00:24
京都東福寺を訪ねて
10/10体育の日に、久しぶりに京都東福寺を訪ねた。 前日の講演会「幕末歴史秘話 長州編」の内容確認のためでもある。 東福寺の南岳に霊明神社が神葬祭を行った墓地がある。 また、たまたまこの日は、最後の攘夷志士といわれ霊明神社に実葬された朱雀操と戦った中井弘の命日でもあり、 東福寺即宗院に立派な墓もある。                              即宗院 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 5

2011/10/15 18:11
幕末殉難志士を弔祭した霊明神社
10/9、京都府庁旧本館で開催された連続講座「幕末歴史秘話 長州編」を拝聴した。 講師は洛東霊山 志の聖地 霊明神社 八世神主 村上繁樹氏。会場はほぼ満席だった。 霊山はいわずと知れた幕末志士の聖地だが、なぜここに志士達の眠る墓があるのか、最近になって真実を知る人はだんだんと増えてきた。  志士達の墓碑がある場所は、今は霊山護国神社になってはいるが、幕末維新当時は霊明神社の境内墓地だった。 霊明神社の初代村上都ト(くにやす)の一族が代々さまざまな困難を乗り越え祭祀を続け今日に至っている。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/10/14 19:52
会津と長州の出会い
一昨日、京都で講演会を拝聴した。 京都府庁旧本館を活用するため数年前より旧本館を会場とした講座が何回か企画されてきたが、今回は「幕末秘話 会津、長州、土佐」と銘打っての3回連続講座。 今回の1回目の会津編は、「生き残り白虎隊士の孫が語る”逆境の克服”」と題し、白虎隊事務局長 飯沼一元氏の講演。 会場は元々は80人を定員としていたが、希望者が多く、椅子を増やして100名で打ち切ったほど、盛況であった。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/20 15:52
長州毛利家の源
兵庫県芦屋にある阿保親王塚と阿保山親王寺を訪ねてきた。 親王寺は、大阪龍馬会主催の史跡めぐりの中で、西宮砲台見学の次に立ち寄ったことがあったが、長州毛利家からみでもう一度お寺をじっくり拝観し、未見の親王塚にも参ってみたいと思っていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/28 23:55
薩長盟約と香蘭女学校
香蘭女学校は名前の通り女子校で、今日では珍しい「女学校」を名乗っている。 明治21年(1888)の創立なので、今年で開校124年になる伝統校だ。 薩長盟約とは一見何のリンクもなく、並べて題しても何のことかわからないが、小生には意味のある学校。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 5

2011/05/26 15:12
動けば雷電のごとく
京都山口県人会中村副会長のお誘いで、清話会主催の「高杉晋作」講演を拝聴してきた。 偶然にも?講演日は、旧暦慶応3年4月14日没の晋作の命日でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/15 07:27
赤プリと宮さん
本日、東日本大震災で被災し避難してきた方々の受け入れが、3月末に閉館した旧グランドプリンス ホテル赤坂で始まった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/10 00:18
乃木大将と日本人の心
昨日、京都洛南保勝会主催の洛南歴史フォーラム「乃木大将と日本人の心」を、 京都伏見の乃木神社で拝聴してきた。 講師は京都大学大学院教授中西輝政氏で、一昨年、乃木神社社務所が発行した氏の 「乃木希典 日本人への警醒」とほぼ同じ内容ではあるが、今回の東日本大震災への 指導的立場の人達の稚拙な対応への言及など、大いに持論も展開された。 リーダの資質欠如と国民の美徳発揮とのこのコントラストが目立つ昨今において、 幕末明治時代の精神とその指導者像の紹介は時節柄当を得た講演と思う。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/03 21:12
三吉慎蔵と船越清蔵
或る資料を読んでいて、別個に調べていた二人の人物が奇遇にも結びついた。 長府藩の三吉慎蔵と、清末藩の船越清蔵, 共に幕末史ではマイナーな人物だが、面白い組合せだ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/13 00:16
貴重な写真
先週、小生には貴重な幕末明治の頃の写真を7葉、譲り受けた。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 12

2011/01/29 11:32
前田常三郎と佐柳高次と浦田運次郎
小杉雅之進は、前田常三郎を知っている。 咸臨丸という小さな船に同船し共に航海して修理期間も合わせ約130日間も一緒にいれば、知らないはずがない。 三吉慎蔵は、佐柳高次と浦田運次郎を知っていたはずだ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/12/05 23:45
旅サラダと小五郎と龍馬と
紅葉には若干早いが、城崎と芝山・香住にも足を伸ばし、温泉とカニを満喫してきた。 カニは、解禁以後11月中はまだ安く、12月に入ると倍近くに値が上がるらしい。 例年と同じく、城崎では桂小五郎が潜伏した旅籠の向かいに宿を取る。 ここのカニ料理は間違いがない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/11 14:01
大村益次郎遭難場所
nakaさんの御教示を受け、京都府立総合資料館に調査に行ってきた。 資料館が保存している行政文書に「大村兵部大輔旅寓江致乱入候暴人吟味」という文書が2巻ある。 明治2年の大村益次郎遭難の時からその後始末までの一件書類で読みごたえがある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 5

2010/10/18 00:01
下関長府訪問
9/13より4泊5日の日程で、下関長府を半年ぶりに訪れた。 目的は長府博物館での史料調査。今まで知りたかったことが9割方判明した。 調査未了の1割は長府では情報が得られないので、別途信州訪問を計画するつもり. ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/18 09:52
大村益次郎の遭難場所
益次郎が遭難した場所を調べている。 木屋町通御池上る東側、割烹竹島の敷地に「兵部大輔大村益次郎公遺址」 の碑が建っている。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/09/07 21:30
最近気になること
大村益次郎について 1)益次郎の生まれた場所   生誕地は2説ある。 2)長井雅楽に対する思い・評価   46才の病床で書いた長井(45歳で屠腹)の辞世の意味。 3)写真はないのか   中公新書「大村益次郎」掲載の写真は? 4)山本軍三郎とその家族   益次郎の門人であり遺言により後継ぎと決定 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/08/16 17:21
山口探訪 その4(下関)
3/22 朝から下関市内を史跡めぐりし、15:00より美祢と同じく会津と下関の歴史交流を進める懇談会に参加した。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 5

2010/03/25 08:05
山口探訪 その3(萩)
3/21 一日、萩市内を史跡めぐりした。案内して頂いたのは、美祢の座談会にも参加された金谷天満宮宮司の陽氏。 とても効率よく、回ることができました。ありがとうございます。 萩は7・8年振りで、当時は幕末維新に関心がなかったため、今回の史跡巡りは新鮮でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/25 06:51
山口探訪 その2(美祢)
3/20   13:00 新幹線新山口駅で、飯沼貞吉の孫の飯沼一元氏、今回の山口探訪を企画した京都山口県人会副会長中村正氏、作家星亮一氏および戊辰戦争研究会のメンバーと待ち合わせ、現地の方の案内で美祢市東厚保町小杉の楢崎屋敷跡を訪ねた。小生は初めての場所だが、飯沼氏、中村氏は数年前に訪れている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/24 14:34
山口探訪 その1
3/20−3/23まで、山口の美祢・萩・下関を訪れた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/03/23 19:30
11/15
久し振りに霊山を訪ねた。 大阪龍馬会、中岡慎太郎ファンなどなど知り合いの方々ともお会いし、早速お参りした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/18 23:13
乃木家と三吉家
昨日は驚くことがあった。社内に遠い縁由がいたのだ。20数年間気が付かなかった。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/03 08:09
140年ぶりの再会
8月のお盆休みから9月のシルバーウィークまでの1ヶ月、幕末維新時の先祖の調査で大きな進展があったので記録しておく。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/26 20:25
城崎にて
GWの連休に城崎に出かけた。カニの季節も含め年2回程、のんびりと温泉を楽しむことにしている。定宿にしている西村屋の向かいには、幕末の頃、桂小五郎が潜居した旅館つたやがある。つたやの内部には数多くの史料が展示してあり、宿泊客でもないのに、拝見しに行くを楽しみの一つにしている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/06 21:32
紀尾井坂
4月25日仕事で上京し閑があったので紀尾井坂に出かけた。このあたりは、紀州・尾張・井伊家の藩邸があったところで、坂の名称にその由来が残る。明治期には近くに伏見宮家、北白川宮家等の屋敷がおかれた所だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/06 20:07
東京雛めぐり
文化学園服飾博物館と三井記念美術館でお雛様を拝見してきた。 国立博物館でも特別陳列「おひなさまと人形」展で江戸時代の雛人形と雛道具など54点を展示していたが、ここは時間がなく諦めた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/14 12:26
文化学園服装博物館
長門萩藩主・毛利家より大村益次郎家に伝わった雛人形と雛道具を展示している。未見なので、今週拝見してくるつもり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/09 23:37

トップへ | みんなの「長州・長府」ブログ

幕末散歩 長州・長府のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる