幕末散歩

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都東福寺を訪ねて

<<   作成日時 : 2011/10/15 18:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 5

10/10体育の日に、久しぶりに京都東福寺を訪ねた。
前日の講演会「幕末歴史秘話 長州編」の内容確認のためでもある。
東福寺の南岳に霊明神社が神葬祭を行った墓地がある。
また、たまたまこの日は、最後の攘夷志士といわれ霊明神社に実葬された朱雀操と戦った中井弘の命日でもあり、
東福寺即宗院に立派な墓もある。
画像
                              即宗院

お寺に行く前に、円山公園にある中井弘の銅像をまず拝見した。
中井は第5代京都府知事の在職中の明治27年(1894)に病で亡くなり、終焉の地に中井弘の三男松太郎の娘きせと弘子が昭和39年に建て直した。戦前にはもっと大きな胸像があったが戦争で取り壊されている。
画像
画像
ただ、昭和42年と刻まれた簡単な事績文を読むと、「18歳で上洛」、「安政2年英国から帰朝」など幾つかの間違いがあることに気付く。正しくは「26歳で上洛」、「慶応3年英国から帰朝」。
中井の滋賀県知事時代の部下を務めた片岡直温の略年譜でも、これも史実とは違うが帰朝は安政6年なので、当時よく使われていた片岡の略年譜でなければ、何の資料に基づいているのだろうか?
今では御子孫の屋敷茂雄氏の著作「中井桜洲」が、飛躍の箇所に目をつぶれば、当該事績については正確なはずで、事績文の修正はなかなか難しいだろうが直してほしいものだ。


東福寺は、明治に入って規模が縮小されたとはいえ、旧伏見街道沿いにある、25か寺の塔頭を有する大寺院。
画像
画像

書院方丈の横奥にある即宗院への案内に従って進み、
画像

桃山時代の架橋とされる偃月橋を渡る。
画像

即宗院の門には、薩摩藩島津家の家紋の幕がかけられていた。
画像

先ず、京都清水寺の僧月照が西郷隆盛と井伊直弼打倒の為に密議を行ったとされる採薪亭の跡をみて、裏山の坂を上り、戊辰戦争で亡くなった524名の招魂碑である薩摩藩士東征戦亡之碑に参る。
ここは何時みてもこきれいに清掃されている。
画像
画像


次に、山を下り中井弘の墓に詣でた。墓は、命日だが何故かお供え花もなく誰も参っていないかのように寂しい。
画像

墓の斜め前には、仲の良かった土居通夫の存在感のある大きな献燈がある。
画像



即宗院をでて、国宝の三門に至る。
門の東側には、山県有朋篆額、三浦梧楼譔、野村素介書による防長忠魂碑が建っている。戊辰戦争50回忌にあたる大正6年(1917)に建立された。裏には伏見・淀・鳥羽で戦死・病死した48名の名前が刻んである。
画像



霊明神社の村上神主一家は、禁門の変後、4年間離散隠伏の逃亡生活を送り、大政奉還と王政復古令の後に霊明神社に戻り、葬祭・招魂祭を再開する。
慶応4年正月3日に始まった伏見・淀・鳥羽の戦いで戦死・病死した長州藩兵48名は東福寺南岳に埋葬され、霊明神社神主村上都平、村上都順が神葬祭を行っている。

入り口を上ると、一番奥の宮内庁管理の仲恭天皇九条陵の一段すぐ下の広場に、48名の墓が整然と立ち並んでいる。
画像
画像

御陵はさすがにきれいに掃除も行き届いているが、長州藩の神道墓地は草が生え、最近の台風のためか、折れた小枝が散乱している状態で、つい同じ墓域にある御陵や、薩摩藩士東征戦亡之碑と比較してしまう。
10/23に明治維新防長殉難者顕彰会が開催されるので、その時までにはきれいになっているとは思うが・・・

帰りがけに、明治維新防長殉難者顕彰会による法要が執り行われる退耕院に寄り、東福寺を後にした。
画像



「 人気blogランキング 」  に参加しました。よければ押してくださいませ。

絵は三吉慎蔵と坂本龍馬です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
講演会「幕末歴史秘話 長州編」を行われたとの。
もしかして薩摩編は終わりましたか?
草稿のようなものでもあれは是非拝見したのですが、、
中井弘のサイトからきました。
ドリームメイカーと申します。
よろしくお願いいたします。
「京都東福寺を訪ねて」について
2011/10/19 23:59
ドリームメイカーさん、初めまして
下関長府の長府博物館横にある、東軍西軍関係なく国に尽くした人を祀る万骨塔の慰霊祭に参加し数日滞在しましたのでご返事が遅れました。
今回は会津人でありながら明治の教育界に大きな貢献をした山川健次郎の霊石を安置する除幕式がありました。別途詳しくブログいたします。
お問い合わせの件ですが、京都府庁旧本館での連即講座「幕末歴史秘話」は、会津編、長州編、土佐編の3回のみが今回企画されました。最後の土佐編については11月に開催されます。他の藩については、まだ企画されておりませんが、来年期待できると思います。どなたでもよいのですが、この藩については是非私が話をしたいという提案を歓迎いたします。
寸心
2011/10/21 21:30
ドリームメイカーさん
中井弘のサイト確認しました。吉井友実の分家筋の方ですね。
小生の先祖は、慶応2年の寺田屋事件のとき、また明治期を通じて、特に宮内省で友実にお世話になっています。これからもよろしくお願いいたします。
寸心
2011/10/23 00:07
わざわざ、ご返事ありがとうございました。
11月は竜馬祭がありますね。京都府庁旧本館での連即講座「幕末歴史秘話」土佐編については11月にということ。大変興味ありますので開催期日を調べていけたら出席しようと思います
ドリームメイカー
2011/10/30 17:22
土佐編は11/27(日)に開催されますが、この連続講座は大変好評で、すでに満席となっているようです。京都府総務部府有資産活用課 tel:075-414-5435 に問い合わせください。
寸心
2011/10/31 00:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
京都東福寺を訪ねて 幕末散歩/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる