幕末散歩

アクセスカウンタ

zoom RSS 岐阜高須桑名訪問 高須編

<<   作成日時 : 2011/05/12 22:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前日に標高300M強の金華山をケーブルで登り岐阜城から美濃平野を眺めたあと、
翌日いよいよ美濃高須巡りをした。
画像


廻ったコースは、高須館跡-->主水橋-->藩校日新堂跡-->高須天満宮
          -->海津市歴史民俗資料館-->行基寺(高須藩主菩提寺)


高須は、東が長良川、西は揖保川に挟まれた低地で、土地はよく肥えているが、それは洪水がよく発生したことによる。時代により、川と川中の島(輪中)の形はは大きく変化してきた。    
              1750年、宝暦治水工事の直前 高須は上半分の中ほどの島(高須輪中)にある
画像

              1887年(明治20年) 上半分に高須輪中とある
画像

              現在、高須は上半分の島、川は西から揖保川、長良川、木曽川
画像

三河川のコントロールは難しいとはいえ、広い川をもつこの辺りは天然の要害にもなり、地政学上・戦略上、西日本に対しての重要な備えの場所でもあった。

元禄13年(1700)尾張藩主二代目松平光友の弟である義行は、元々信濃国伊那郡内三万石の領主であったが、山地で実収が少ないため半地の所領換えを望んだところ、期待に反し水害の多い高須を拝領した。已むを得ず高須を本貫としたが、内心はしまったと思った筈である。
高須松平家は尾張徳川家の支藩であるが家格が高く、尾張徳川家に3名の藩主を供給しており、明治4年の廃藩置県まで14代にわたり170年間の治世が続いた。
              高須城と城下町
              北に御館が見えるが藩主は参勤交代も免除され江戸に居住した
画像

               御館があった場所
画像

               南方に見える高校辺りまで城郭を形成していたらしい
画像

               御殿の間のイメージ(海津市歴史民俗資料館に復元されている)
画像


         
高須城跡を見た後、海津市歴史民俗資料館を見学し、解説を拝聴しながら展示物を拝見した。
              博物館は立派な建物で、内部には能舞台もある。建設費23億円とのこと
画像


最後に、高須松平家の菩提寺である行基寺を回った。
寺は養老山地の中腹にあり、緊急時には高須藩の城としての機能をもっていた。そのためか、寺院というより城の御殿に近い。事実、大洪水のときは政務を行基寺に移している。
残念ながら工事中で、松平家菩墓所はお参り出来なかったが、この寺から見る濃尾平野は素晴らしい眺めだった。
画像
画像



「 人気blogランキング 」  に参加しました。よければ押してくださいませ。

絵は三吉慎蔵と坂本龍馬です

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
岐阜高須桑名訪問 高須編 幕末散歩/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる