幕末散歩

アクセスカウンタ

zoom RSS 碑の移動

<<   作成日時 : 2010/09/08 16:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

碑の移動、その理由は様々だ。


1.「沖縄戦英霊記念の碑」
  沖縄戦帰還者や遺族らでつくる「北海道沖縄会」が多額の寄付を募り、1965年に建立。
  遺族が高齢化し維持管理が大変だという背景から札幌護国神社に碑を移設したいとの話が出たが、一部遺族が反対している。
画像

  http://www.hokkaido-365.com/feature/2010/09/post-589.html



2.「徳島慶應義塾跡記念碑」
  2001年4月、『独立自尊』と刻まれ、福澤諭吉没後百年を機に徳島県の卒業生組織である徳島慶應倶楽部が建立。
  その後、碑のある敷地の所有者が次々と変わったため、将来のことを考え移設を計画、2009年7月に、徳島県庁敷地内に県庁側の理解を得て移設した。
画像

  http://www.keio.ac.jp/ja/news/2009/kr7a43000002190g.html



3.「西郷隆盛留魂碑」
  1883年、勝海舟が西郷隆盛の死を悼んで葛飾区薬妙寺境内に建立。
  1913年に荒川の改修工事があり 碑のあった所が河川敷になるため、洗足池畔の「勝海舟夫妻の墓」の隣に移設した。
画像

  http://www.city.ota.tokyo.jp/midokoro/spot/topimage_guide/top_saigou_katsu/index.html



4.「江戸開城 西郷南州・勝海舟 会見之地碑」
  1954年、薩摩藩の蔵屋敷が在った場所に本芝町會が建立。
  当初碑の建立予定地は、現在の三菱自動車ビルの隣、徳栄ビル(当時は製紙会社の倉庫)の前であったが、トラックの出入りに邪魔なるとのオーナーの山田徳三氏の話を当時の三菱重工自動車部の庶務課長が聞きつけ、50メートル以上移動させた。
  余談だが、その後1960年から、小生は倉庫敷地内にあった平屋一軒家(蔵屋敷のど真ん中)で4年間暮らした。
画像

  建立時の写真はここhttp://www.honshiba.com/about/index.html



5.「兵部大輔従三位大村益次郎公遺址」
   1926年、益次郎が襲われた「木屋町長州三番小屋旅館」(の辺り)に、碑を建立。
  最初に建てたのが、二番路次とも十番路次とも判然としない。今現在は、割烹竹島の敷地の端に建つ。
  その前は竹島玄関への路次入り口近くにあったが、人の出入りに邪魔なので木屋町側の敷地を買い取った時に碑を移動させた。
画像


  今現在の碑がある位置がその史蹟のあった場所と思いがちだが、実際は異なることもまま目にする。
  時間の流れの中で、碑の維持費用が捻出できなくなる、建物の改修時に移動させる、人の流れや物の動きの邪魔になるなど、様々な理由から碑は元の場所を離れる。これは致し方ないことなのか。


「 人気blogランキング 」  に参加しました。よければ押してくださいませ。

絵は三吉慎蔵と坂本龍馬です

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ひとつ前のプログで、nakaさんが指摘していますが、5.「兵部大輔従三位大村益次郎公遺址」が建っている場所の敷地は、割烹竹島ではなく京料理さつきです。
訂正いたします。碑の移動についても、前ブログのコメントを参照ください。
寸心
2010/09/08 23:28
昨日は龍馬伝の再放送を見みました。
やはり三好慎蔵は無茶苦茶強いですね!
かっこよくて最強じゃないですか。
淀川造船所で検索すると私のブログがすぐ目についたので、
そちらから来て下さったのかと分りました。
もう一人、ブログで昔の材木店の写真から現在の新マンションまで紹介されている方がおられますが。
また来週は伏見に行きたくなりました。
寸心さんも無敵の三好慎蔵の活躍でここのところ平常心でいられないのではないでしょうか。
今夜の龍馬伝も楽しみです。
OHさん
2010/09/12 15:15
字が間違いですね三吉でした。^^;
OHさん
2010/09/12 19:09
OHさん、色々と御手数をかけ恐縮いたします。
幕末時は、三吉、三好、慎蔵、深蔵など、当時の人は姓名の間違いにかなり寛大でした。音を様々な文字に当てはめていて、それでも書簡は達し、また誰のことか分かっていました。龍馬の良馬は有名ですよね。それによって、龍馬の読みが確定したくらいですから。
「龍馬伝」はあくまでも、司馬遼太郎の「竜馬がいく」と同じで、フィクションと思って観ています。小生はあくまでも史実にしか関心がないため、三好信三の活躍には、冷静でいられます。
寸心
2010/09/12 20:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
碑の移動 幕末散歩/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる